脱毛器トリア口コミ効果

脱毛の種類

ムダ毛を減らすor永久脱毛できる脱毛方法

ここで紹介する脱毛方法は、一度あるいは複数回脱毛していくことによって、無駄毛がほぼ生えてこなくなる永久脱毛または減毛脱毛方法を紹介します。

電気脱毛(針脱毛又はニードル脱毛)

電気脱毛は、直径0.05~0.15mmのプローブと呼ばれる針を毛穴の一つ一つに差し込んで、差し込んだプローブに電気あるいは高周波を流すことで毛根部を破壊し、その後は毛が生えてこなくなる手法で、日本では唯一永久脱毛と認められた脱毛方法です。

脱毛の歴史も古く医療レーザー脱毛よりも前から行われており実績のある方法であり、身体への副作用が無いことも証明されています。

最も脱毛効果が高いですが、資格のある医師のみが施術できるため病院やクリニックなどに通う必要があり、また一本ずつ処理していくので時間もかなりかかり費用も高額になります。

医療レーザー脱毛

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛方法。単一の波長のレーザーを当て、ムダ毛の黒い色素に反応し毛根に熱を加えて脱毛します
光脱毛よりも出力が高く脱毛効果も高い。
また光脱毛よりも痛みを感じることがありますが、クリニックによっては麻酔クリーム等で痛みを軽減することも可能。

施述後すぐに毛が抜けるのではなく、約10日〜2週間後にレーザー照射した部分の毛が抜け落ちます。
毛周期に合わせて脱毛を数回繰り返し、個人差はありますがだいたい5~6回で満足する脱毛効果を得られます。

脱毛に使用するレーザーは資格を持っている医療従事者でないと扱えないため、脱毛サロンなどでは施術できません。レーザー脱毛の多くは美容外科やクリニックで施述を受けることになります。

最近はレーザー脱毛器も家庭用のものが販売されています。このサイトでレビューしている家庭用パーソナルレーザー脱毛器トリアもダイオードレーザーを使用したレーザー脱毛器
これは医療機関で使われているものよりも出力を弱く設定し安全に設計されているので、医師でなくてもレーザー脱毛を行うことが可能です。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

フラッシュ脱毛は、あまり痛みを感じることなく肌にも負担をかけないムダ毛処理方法です。
エステをメインに行われている方法でレーザー脱毛と似ていますが、レーザー脱毛は単一性の光源、フラッシュはキセノンフラッシュ光線との複合光線によって毛根を破壊します。
フラッシュ脱毛もレーザー脱毛と同じく、施術後10日〜2週間前後で毛が抜け落ちます。

レーザー脱毛よりも低額で痛みも少ないことから人気の高い脱毛方法ですが、レーザー脱毛よりも若干期間と回数が必要になります。
毛周期に合わせて脱毛を数回繰り返し、個人差や部位によって違いはありますが6回〜12回程度、1年〜2年で脱毛完了となります。

フラッシュ脱毛はIPL、プラズマ、光脱毛などとも呼ばれていて、エステサロンなどではそれぞれ違ったネーミングがされています。

フラッシュ脱毛法は日本ではまだ歴史が短く、永久脱毛効果が高いのかはまだ確かな臨床結果がありませんので日本では永久脱毛とは分類されていません。
ですがフラッシュ脱毛を続けていくうちにどんどんムダ毛が生えなくなります。最近では「減毛処理」と言われています。

家庭用フラッシュ脱毛器も多く発売されています。2万円台〜と低価格なものから約8万円の機能重視のものまで幅広く、予算や脱毛部位によって選択できます。また光フェイシャル機能もついている脱毛器もあります。

ムダ毛を抜くだけの脱毛方法

勇者ヨシヒコばりの青髭毛が濃い女性にとって除毛処理は別の意味で悩みの種ですよね〜。
剃った直後から「毛穴からコンニチハ!」状態の黒いブツブツ、触ってもジョリジョリ感に悩まされる・・・(泣
特にワキやVIOみたいに太い毛を剃った日には青ヒゲのような様相でツルツル肌には程遠い・・・
「むしろ剃らない方がジョリジョリしないでいいのではないだろうか??」
と思ってしまうほど仕上がり具合が酷いっ٩(๑`^´๑)۶

って、私だけじゃないと思うんですよね・・・

ここで解説する脱毛方法は、費用もあまりかからずにお手軽に脱毛できてムダ毛に悩む女性はどれも経験があると思います。
確かにすぐに毛を処理できるので即効力はありますが、基本的に毛を引っこ抜くだけなのでムダ毛を減らしたり永久脱毛の効果はまったくありません。
毛が生えてきたらその都度処理をしなくてはいけないので、人生の中でむだ毛に悩んでいる間は永遠にムダ毛処理を続けていく必要があります。

毛抜きで脱毛

ムダ毛処理の中でも最も原始的なムダ毛処理方法ですね。
毛抜きメリットはとにかく予算がかからないこと!
ですがデメリットの方がはるかに多くオススメできない脱毛方法なんです。

1本ずつ毛を挟んで引っこ抜いていくので痛みに耐えながら長時間頑張らなくてはいけないし、無理に抜くので肌へのダメージもかなりのもの。毛穴の炎症や埋没毛、肌の黒ずみなどの原因にもなります。

脱毛器で脱毛(毛を抜くだけの脱毛器)

ソイエイメージ最近では普通に光脱毛やレーザー脱毛が身近なものとなっていますが一昔前までは光・レーザーの家庭用脱毛器もほぼ無く、エステなどがまだ高額でなかなか通いにくいという時代でした。そんな時に流行したのが「ソイエ」のような毛を絡めて引っこ抜くタイプの脱毛器です。

私も学生時代に使ったことがありますが、とにかく「痛かった!!」

毛抜きに比べるとまとめて抜いていくことができるので時間短縮にはなりますが、ブラジリアンワックスやテープなどと違い、痛みが一瞬ではなく継続して続くので脱毛器をしようしている間ずっと痛みを堪えなくてはいけません。
ソイエはかなり有名で今までに何度もモデルチェンジをして肌への負担と痛みを軽減するようになってきていますが、毛をまとめて抜いていくという根本的な脱毛スタイルはあまり変わらず、最近のモデルでもかなり痛いです。

メリットは、処理後にすぐ毛をなくすことができる事。毛抜きよりも時短できる事くらいでしょうか。
デメリットは、毛抜きと同じく埋没毛や炎症など肌へのダメージが少なからずあることと、かなり痛みもあることでしょう。

そして、それだけ痛みに我慢して綺麗になってもまた再び毛が生えてくることです。毛が生えてきたらまた痛みに耐えて頑張らなくてはいけません。
減毛効果のあるフラッシュ・レーザー脱毛器も最近は比較的安くなってきている中、わざわざこのタイプの脱毛器を買うメリットはあまりないのではないかと思います。

ブラジリアンワックス脱毛で脱毛

流行に敏感な女性に人気のブラジリアンワックスは海外ドラマで日本でもブームになりましたね。最近はブラジリアンワックス専門のサロンも増えてきています。
もともとは海外でハイジニーナ(VIO)脱毛を目的とした脱毛方法でしたが、ほぼ全身にも使えます。

ブラジリアンワックスの脱毛方法は粘度の高いワックスをムダ毛が伸びた状態の肌に塗ってシートで覆い、毛の流れに逆らって一気に根こそぎ抜きます。
一気に数十本〜百本近い無駄毛を抜く事ができるので時間があまりかからず一度ですぐにツルツル肌になれるので急なムダ毛処理に適しています。

痛みもかなりありますがシートを剥がす一瞬だけなので我慢できる痛みだと思います。
日本で最近使われているワックスは天然由来の原料でできているものが多く、口に入れても大丈夫なくらい品質は高いのでお肌にも優しいから安心して使えます。

数週間で無駄毛は再び生えてきますが、急ぎの時には使える脱毛方法です。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Mr WordPress への返信 コメントをキャンセル

*
* (公開されません)
*

人気のフラッシュ脱毛器を片っぱしから試してきた脱毛器マニアの30代女子
フラッシュ脱毛に飽き足らず、痛いけどスゴイ!?と噂のレーザー脱毛を一度は
体験してみたい!ってことで思い切ってトリアGET!今まで使い慣れたフラッシュ
脱毛器との違いを辛口レビュー中!

Return Top